推しに捧げるプレイリスト:俳優編とアイドル編

楽しそうなので趣味だけで選んでみた。

基本的に音楽は日常に寄り添うものという考えのもと生きてるので

推し事とは普段切り離して考えているけれど、あえて縛りで選ぶのが楽しかったです。

私の場合は2パターンで、5曲ずつ選曲。

 

【俳優の推し様へ捧ぐ編】

 

www.youtube.com

01.僕が死のうと思ったのは 中島美嘉・Amazarashi 

 

僕が死のうと思ったのは あなたが綺麗に笑うから
死ぬことばかり考えてしまうのは きっと生きる事に真面目すぎるから

僕が死のうと思ったのは まだあなたに出会ってなかったから
あなたのような人が生まれた 世界を少し好きになったよ

 

いきなりヘビー級のアッパーかましますけど根本的にはこういう薄暗さがないと

目もくらむようなまばゆい他人の輝きを

わざわざ寿命を削ってお金を費やしてまで求めるということは

難しいんじゃないかなと思ってます。

Amazarashiの秋田ひろむさんがライブで歌っていて中島美嘉さんに提供した曲ですが私はどちらのVer.も好きです。

影に日向がさすから、世界は少しずつ見えてくる。

 

02.刹那 GReeeeN

 ※公式がない曲は割愛します

きっと世界中の自分以外全て幸せと思った
だけど世界中は明日も回る どんな涙も癒して

 

みんな大好きGReeeeNを選んだのは他でもなく推しさんがお仕事でなにかとご縁があるからです。

刹那が一番好きです。たぶん5曲ぐらいしか知らないけど。

こういう爽やかでストレートな歌詞が合う人を推してる私のキセキ。

ちなみに推しさんがスマホゲでユーザーネームにつかってるのとかけたわけじゃないです!そんなわけないじゃないですか何言ってんですかやめてください次!

 

03.C.h.a.o.s.m.y.t.h. ONE OK ROCK

 

youtu.be

We have to carry on
Our lives are going on

(進まなくてはならない 人生は続いていく)

でも変わらずあの場所はあるから

 

So everybody ever be buddies
Days we grew up are days we will treasure

(俺たちはずっと仲間だ 過ごした日々が宝物に変わっていく)


Everybody show is beginning curtain has risen
Make your own storyline

(それぞれの舞台が幕を開ける 自分だけの物語を描こう)

 

推しっていうか推しの親友・仲間のために捧げる曲です。

卒アル流出する前に自分で出したら面白くない?出しまーす!とか言ってのけるシニカルさで

偽らずに手の内を晒すことで攻めの守りを貫くスタイルは危なっかしくも愛おしい。

タブーとされるものに臆せずあえて切り込んでく感じとか

あとそこそこ場数踏んでるのに舞台挨拶とかでしゃべってる姿は割とそこらへんにいそうな芸能人然としてなさとかが面白い。

そして人懐っこさで一現場こなすごとに仲間増やして帰ってくる。ルフィかお前は。

生き方からして少年漫画の剣豪っぽいんでEDにとりまワンオク流そうぜ!みたいな。

ちなみにOPだったらNO SCAREDですかねぇ!めっちゃ画面うるさそう!

でも本心から私の知らないところでも推しさんには絶えず笑っていてほしいし

ぐっすり寝ていっぱいごはんも食べててほしいし

逆に言えば人間としての過去と今をはっきり提示することで

他人の命をお借りして生きるという業から死ぬまで背を向けない覚悟だとわかるから、だからこそアイデンティティーを見失うことのないように

ファンがどんなに頑張っても踏み込めない領域に弱さも甘えも全部晒け出せる時間があってくれたらそれでいいんです。

役者という器が清廉じゃなかったら役も人間も住んでくれないと思うんですよね。

出会う人たちすべてが彼の人間性を磨いてくれていると信じてます。

同時にファンである私たちが出来るのは俳優ではない本来の推しさんが帰る居場所無くならないよう孤独にさせないように

然るべきラインを守り清く在れと自戒の意味も込めてここに記しています。

 

04.ボーイズ・オン・ザ・ラン 銀杏BOYZ

youtu.be

夢でも 夢でも 届かないのに
夢さえ 夢さえ 捨てられない

 

24年間で一番クソみたいな最末期に観た映画が「ボーイズ・オン・ザ・ラン」です。

バイトorDIEを生きがいとしてた高校生活のなれの果てで

心の拠り所として君臨していたのがこの曲であり銀杏BOYZ峯田和伸でした。

奇しくも推しさんが養成所のエキストラ時代に観て、たびたび好きな映画として挙げていたのが応援し始めの頃ものすごくうれしかったんです。

なかなか共感されなかった恥部なので。

というかそれ以外の漫画とか音楽の趣味は全く合わなくて

違う世界線の人間だとばかり思い込まされてただけに、こんなニッチな映画で共鳴するとは。下心抜きで酒を酌み交わしたい。

何にもカッコよくない平凡で惰性まみれの男が、打算も欲目も全部投げ捨てて

鼻水たらして泣きながら「好きな女の子」という「夢」を壊さないために戦う。

どうやったって手に入ることはない夢を、魂を売って走るおじさんがどこまでもカッコイイんです。

いつか私は推しさんがカッコ悪いおじさんになって、タニシを演じてくれることを祈りながら

現場orDIEを生きがいに今日を東京で生きています。

 

05.ちっぽけな愛のうた 小枝理子(as大原櫻子

youtu.be

手のひらに掴んだ夢を
今は追い続けていこう
一人でもきっと越えてゆける
たとえ今は現実に
縛られて息苦しくても
夜明けはたしかにやってくる

 

2013年冬に「カノ嘘」主題歌として劇場で聴いた当時

私は専門卒業を目前に控えていて

日本を離れた環境で働くためにそれまでのように好きな音楽や、アイドルを応援出来なくなる。

葛藤の中で、ラブソングと全く別ベクトルの次元で応援してきた数々のステージを思い浮かべてはボロボロ涙を零した思い出があります。

誰かに夢中になってても、私の世界にも確実に動いたり止まったりしてる時間軸があって

推しにとって融通のきかない距離にいる私はファンと呼べるのかわからないのに、

推しの存在が不必要になることはなくて。

本当に本当にお日様が怖かった夜でさえ

小さなプレイヤーや円盤からの、わずかな期待だけで生きてました。

最初の曲とリンクしますが

キミの笑顔が
ボクを暗闇から連れ出してくれたんだ

 月並みでもたったこれしきの恩義に気が済むまで報いる積もりでいるのがオタクなんです。

 

 【アイドルの推し様に捧ぐ編】

 

 

 

01.My Days For You  真野恵里菜

youtu.be

信じるこころに咲く花と
思い出の花を集めたら
あなたの為に花束にして贈りたい


いつも見ててくれて ありがとう
支えてくれていて ありがとう

 

アイドルに捧げる曲をアイドルから選ぶの微妙かなって気もしますけど

応援してる子に歌われてみなさい。GODにSOULをPENDしますよ。

IDOL=理想の塊だから何があったとしても自分さえ気にしなければ応援は出来るけど。

それでも「信じる心」=現在も「思い出」=過去もぎゅっと詰め込こんだ花束を

笑顔で差し出してくれる人が理想形だと私は思ってます。

 

02.BABY BABY  銀杏BOYZ

街はイルミネーション 君はイリュージョン
天使のような微笑み
君を思い出せば 胸が苦しくて
消えて失くなりそうだ

甘いシュークリーム 君はシュープリーム
月面のブランコは揺れる
夢の中で僕等 手をつないで飛んでた
目が醒めて僕は泣いた

 

現場で見る推しのまばゆさに脳みそがバグを起こすと

雑踏だろうが職場だろうが関係なく夢と現実の境がよくわからなくなります。

まさに自分が消えてなくなりそうな。

オタクポエムを深夜にブヒブヒ書き連ねちゃうタイプなんで

峯田の言葉の美しさを見るたびに世界一ピュアな人間だと思い知らされるです。

君のパパを●したいとか僕のあそこが大きくなってきたと誰の目も気にせず言えるのは峯田の世界に君と僕しかいないから。

どうして東京に住み始めたの?と聞かれるとたぶん最たる理由はわかってるのに

他人にそんなことのためにと言われたくない一心でみみっちい御託を並べています。

そんな浅はかな滑稽さを、いつか胸はって言えたら恥ずかしくも愛おしい自分になれるかなって。

オンナとしての感覚で一番好きなのは「ピンクローター」なんですけど

めちゃくちゃなパンクに見えて歌詞が韻を踏んでたりエモい声質だったりするんで銀杏大好きです。

シュークリームのとってつけたような感じがシュープリーム(最高)。

 

03.ミッドナイト清純異性交遊  大森靖子

youtu.be

春を殺して夢はひかっている

嘘でもいい 嫌いでもいい 私をみつけて

ここまでハロヲタハロヲタによるハロヲタのためのMVも無二なんじゃないかという気がしますが

なんのこっちゃわからん人のためにこちらを参照して頂ければと思います。

togetter.com

 

twitter.com

twitter.com

濃すぎるくらいピンポイントな熱量を、キャッチーでクリエイティブな作品に落とし込める

大森さんのさじ加減ただただ御見それ致す所存でございます。

 

ストロー噛んでバスストップから睨んだ 世界だって君にあげる

 

ほらほらほらやっぱり推し以外セカイしねって思いながら生きてる。

こっち側の人。マジ信じられる。

まぁもういいよね。私の戯言より大森さんの文章を読んでくださいね。

世界よこれでもくらえ : あまいしね【コピペ推奨】

 

04.ストレンジカメレオン the pillows

youtu.be

キミといるのが好きで あとはほとんど嫌いで
周りの色に馴染まない出来損ないのカメレオン

 

推しちゃんが卒業のステージで

「変な人たち、サンキュー。」

と言ってくれた冗談まじりの言葉が冗談抜きで世界一可愛くて大好きです。

「ドルヲタに必要なのは『きもちわるい自覚』」 - 小娘のつれづれ

膨大な労力と時間を割いて趣味に費やすという行為自体、理解できない人からみればやっぱり奇妙なんだろうし

どうしても周りの色に擬態しきれない、小さな違和感や綻びがあるのはもはや仕方ないのかもしれないです。

 

生まれたままの色じゃもうダメだって気づいても

逆立ちしても変わらない 滅びる覚悟はできてるのさ

 

それでも君のために紳士になりたい。見返りばかり求めてるつもりでもないんだよって

なんとなくそんな意味合いにもとれる歌詞だなって聴いてます。 

 

05.小さなキラキラ  チャットモンチー

君の気持ちは変えられない

誰かを想った年月 消すことはできないのね

 

どんなに強い日差しも 届かないと知ったから

どんな冷たい風でも 飛ばせないと知ったから

さよなら ありがとう 私の小さなキラキラ

ごめんね 叶えられなくて 小さなキラキラ

 推しが本当にいなくなるということを真剣に考えたとき、責める意味ではなく壊れた窓を呆然と眺めて

日のあたらない部屋で破片を片付けるようなものすごい虚無に襲われるんだろうなと想像します。

傷つくことも厭わずに小さなキラキラをいくつもいくつも海に葬っては、そのキラキラをエゴサで拾い上げてくれるのをほんの少しだけ期待しながら

叶えられなかった沢山の夢があったとしても確かに共有していたよ無駄じゃなかったよってことを泣きながら証明するんだろうな。やっぱり気持ち悪いね。

 

以上でーす!ホントに趣味だけでやったら相当誰得なチョイスになったので

わりと抑えめに大衆向けの曲で選んだつもりでーす!

おすすめの音楽があったらみんなもやってね!病むときは一緒だよ!