33番書き取り帳が出ていません

会いたい気持ちが世界の中心

オタクをしている意義

 

凛として時雨ピエール中野さん、大森靖子さんのインタビュー記事を読みました。

 

realsound.jp

一音楽ファンとしても大森靖子さんの音楽性を愛してやまないですし道重さゆみちゃんのヲタクとしても応援スタンスや道重さゆみという女性像を分析する観点を非常にリスペクトしているアーティストさんです。

 

realsound.jp

単純に好きという気持ちしかない中で、その“好き”を振り回せる実力がしっかりついているのは、実際に私が現場に行きすぎているからであって(笑)

周りから自分はちょっと変な人とか思われているかもしれないけど、私の好きって気持ちだけは信用していいですよ、ってすごく思うんですよ。

 

今や大森さんに対して公私混同などという浅はかな言葉を投げつけるさゆヲタは居ないだろう、というくらい道重さゆみちゃんの単独公演「SAYUMING LANDOLL」に数々の楽曲提供をし、主催の音楽フェスにブッキング出来るアーティストとしての地位を確立しながらも自身の活動についてそう言い切れる大森靖子さんは芯の通った本当にかっこいい女性だと思った。

 

道重さんってご自身の歌に対してコンプレックスを抱えている人なんじゃないかと思っていて、今回のような誘いがなければフェスには出なかったはずなんですよ。

なので、ここをきっかけに、今後はもっと大きな舞台に立っていただく、そういうきっかけになればいいなという気持ちもあります。

 

わたしが応援しているアイドルちゃんや俳優さんはみんな「自信を持てた」という言葉をよく使う。

それも、大きな舞台や注目度の比較的高い仕事をやり終えたあとに使う。テンプレに近いのかもしれない。

歌が苦手でも歌うことが好きだから歌手をしている人もいるしお芝居が苦手でも役者をしている人もいる。経験値を積むためにお芝居の中で踊りや歌、お笑いをやらなきゃいけない人もいる。表現の世界に際限はなく与えられた仕事として誇りを持って全うするしかないのだと思う。

 

実際、自信って結局は本人の得た経験だったり実績からしか産まれないじゃないですか。自分に置き換えてもそう。応援が無意味だとか無力だとかじゃなくてただ単に、人間だから。どれだけお手紙やコメント、プレゼントやお花や対面で言葉をもらってもそれはイコール絶対的な自信に簡単に直結するものではないって私自身は思ってるんですよ。

それでも好きと信じてるを伝えることは大事です、もちろん。でも「こんなに私が言ってるのになんで自分を信じてくれないんですか?ファンの言葉を信じてないんですか?」って強要されてしまうのはきっと私が応援される立場だとしたらプレッシャーだ。そこまで「自信がない」事実を覆す魔法のような力があるとは私は思えない。寂しいけど、後押しにはなっても根拠にはならないだろう。

どれだけ努力を認めてもらえても結果を得ていない状態での評価は少しだけ心許なくて、自分の内側から産まれる自信に優る他者の言葉はないんじゃないかなって。んー、私が一切芸事に携わる人間じゃないので表舞台の人の気持ちはわからないんですけど(笑)まあでもはてなスターやコメントもらえたりブログ好きですって言ってもらえるとうわ〜〜ありがとうね〜生きるよ〜!!!!!ってなるからそういう声は普通に糧になるはずだよね間違いなく!

 

 

つまり、じゃあ私がオタクとして一番なにがしたいかっていうと、推しが自信を持てた!って実感できる仕事の機会をたくさん与えてあげたいっていうことです!

与えてあげるっていうとまた語弊があってお前が与えるわけじゃないよってハナシであって、そういう機会につながるための尽力を惜しみたくないなあみたいな?お分かりいただけてる?!!(逆ギレ)

もちろんお仕事をもらえるかどうかなんて時流もあるし、推し自身の頑張りと事務所の力とのパワーバランスでいったらオタクの支援なんて9:1とかだろ驕りが過ぎるぞ…オタク(BLEACH)ってとこはありますけど!

でも動員とか売上とか公演アンケート書くとか感想ブログ書いて広めるとか微々たることでも張り切って推しの運命と経済回しちゃうぞ〜!みたいな気持ちになれる。わたしは。未来はぼくらの手の中ー!

もちろんその中にお手紙を書くとか目に見える形のSNSで声を届けるっていうのも大いに大切かと!フォロワー数とかふぁぼりつ数とかね、意外と組織の中の人や広告主は集客力の指標としてるらしいよ!お昼のラジオでなんらかのIT業界の人が言ってたのを偏差値低いから鵜呑みにしている!

pink8er-hana.hatenablog.com

お金を投資する以外で何かできることないのかなって考えていたときにたまたまこちらのブログを読んでなるほどな〜って思いました。

 

だから今回このインタビュー記事を読んで、音楽ファンが注目するブッキングライブに呼ぶことで、職業:かわいいの人として復帰した「歌手」の道重さゆみちゃんを「アーティスト」として新たなフィールドに上げてあげるっていう、オタク界の最高峰エベレストマウンテン級に尊い布教活動をなさる大森さんやばいかっこいい!!win-winの極み!!みんなこの人を目指して頑張んだぞ!って気持ちにめちゃくちゃなりました!!!!!!ちょっとだけ泣いた!!!

道重さゆみちゃんが自分の歌をモーニング娘。でいた12年間もずっと自信がないと言い続けてきたことは周知の事実なんです。でも、再生後はもう一度歌いたいと、さゆみちゃんの歌が大好きで待っていた人のためのステージに戻ってきてくれたんです。

大森さんにとっての音楽はきっと一番誇れる武器で、そのとっておきの武器で推しを世界に広めることが出来るって単純に憧れるよね。ハロプロは漫画家さんやクリエイターさんにもハロヲタの方が多いからそういう異業種の人たちがどんどん価値を広めているところも強みだと思う。

でもそこで念頭に置きたいのがやっぱり私の好きって気持ちだけは信用してっていう概念だと。どういう形であれ推しに心酔してるオタクって盲目になりがちだから、価値観の押し売りにならないようにっていう匙加減が難しいなってうーんと考えさせられる。だから今このラインナップをやる意味はこうで、出演順にはこういう意図がありっていう顧客目線の「好き」があってこそ生み出せるビジョンを興行側に納得させる大森さんとピエール中野さんはすごいんですよ。信用に値する「好き」なんですよ。

こんな能書きを垂れてますがあくまで大森さんたちはプロの人たちですし、むずかしいこと考えて出来ることをやらなくちゃ!って義務感になっちゃったらオタク楽しくなくなっちゃう。

フォロワーさんが「常に楽しそうにしてるオタクのハマってるコンテンツは楽しそうに見えるから、常に楽しそうなオタクでいることも広報活動の一環よね」って仰っていたのほんまそれ!!

推し今日も舞い降りてるよ〜!!優勝してる〜〜!!極度に可愛い〜!!!大好き100万点な人生ハイパー楽しい〜!!っていう姿を全宇宙に発信するのは呼吸と同じくらい得意なのでこれからもウルトラポジティブに頑張りますね!!

なぜ唐突にこんな記事を書いたかというと、ずーっと最推しがいなくて心が離れかけていた劇団さんの公演を久々に観に行ってこの子だ!!って決めてから今応援している俳優さんの舞台が、ちょうど去年の4月22日だったのでタイミング的にも自分を鼓舞するために書きました。

わたしがオタクをしている意義は、推しに自信を持ち続けていてもらうこと。いつでもその気持ちを持っていたいなという自戒も込めて。

あー、クソ在宅なのにビバラポップ超行きたくなっちゃった〜〜。。まだチケット取れるかなあ。ていうか2日前まで大阪にいるなあ!?GWだから大丈夫ッショ!(?)

 

いつまでも大きい瞳で大丈夫な日のわたしだけを見つめてよ

大森靖子『ミッドナイト清純異性交遊』Music Video - YouTube